0歳から保育園を利用して後悔する必要は全く無い!

テスト リンク広告 保育士の助言

この記事は発達障害児の保育経験があり、社会福祉主事任用資格を保持した保育士が執筆しています。





こんにちは、現役保育士です。

保護者の中には0歳児の赤ちゃんを保育園に預ける事に対して引け目を感じている人もいますが、

赤ちゃんを保育園に預けるという事はデメリットよりも、メリットの方が大きいと言えます。

スポンサーリンク
保育士の助言 下部




保育園に0歳児を預けると後悔する

0歳児の子供を保育園に預ける事で後悔してしまう親は多いようです。

しかし核家族化が進んだ現代では夫の収入だけではやっていけない家計も多いでしょう。

そんな中で根拠もない3歳児神話を信じる40歳以降の大人が「子供がかわいそう」だの「3歳までは家庭で育てるべき」だのと言ってきたら気に病むのも仕方ないかと思われます。

そもそも3歳児神話を信じている世代というのは共働きが当たり前ではない世の中で過ごしてきた方達です。

時代の流れと共に子育てや家庭の在り方は変わってきているのですから、そちらのものさしで測らないで欲しいですよね。

とは言え、いざ子供を保育園に預ける瞬間というのは後悔というか罪悪感みたいなものを感じてしまい、つい子供に「ごめんね」と言いたくなってしまいます。

しかしそれでも働かなくてはいけない環境にある世の中のママを責める事なんて誰もできませんよ。

子供の成長を実感しづらい

ママが保育園に0歳児の子供を預けた時に後悔する理由で一番多いのが子供の成長を実感しにくいという事です。

保育園に入るその瞬間まではきっと多くのママが子供のそばから離れずにつきっきりで子育てをしていた事でしょう。

もちろん子育てにイライラすることもあれば育児疲れを感じてもう投げ出したいと思う事もあるでしょうが、子供というのはいなくなって初めて寂しさを感じてしまうもの。

まるで十代の時の恋人のような感覚で早く顔が見たいと思いながらも仕事をしている自分がいたりします。

そんな大事なわが子ですが保育園に0歳児のうちから預けてしまうとやっぱり成長を実感しづらいんですよね。

「あれ?いつのまにこんな事出来るようになったの?」と家での子供の言動に驚く事も多いかと思います。

そればかりか、0歳児を預ける時期によっては初めての捕まり立ちや初めて言葉を喋る瞬間なども立ち会う事が出来ないので、余計に「私本当に子育てできているのかな?」と自己嫌悪に陥ってしまう方も多いようです。

【0歳から保育園に預けた場合の影響】についての記事はこちら

後悔しない為に必要なポイント

私が勤めている保育園でも0歳児の保護者でこのような悩みを抱えている方は実際に沢山いますが、私は決して0歳から保育園に子供を預ける事は後悔するような事ではないと思っています。

その理由は以下の通りで、保護者さんの気持ちが楽になるようにこれを伝える事を意識しています。

周りから責められても気にしない

やはり0歳児を保育園に預ける事を反対する方は多いですから周りに責めてくる人がいてもおかしくありません。

そういった状況にあってしまったなら一番いいのは気にしない事ですね。

「私はこういった理由があって仕方なく預ける事にしたんです」なんていちいち説明してもエネルギーの無駄です。

あなたが0歳児を保育園に預けたのは必ず何か理由があるからなのですから「そうですよね~確かにかわいそうですよね~」と適当に流しておきましょう。

ママの休養は子供の為でもある

他者に同調されなかったとしても別に自分の生活に支障をきたす事はありません。

それよりも自分の為、夫の為、そして子供の為にも家庭を守るという意味で、子供を保育園に預けるのは立派な決断です。

もしあなたや夫が努力して身を削れば、働かなくても子供を育てられる環境だったとしても休養する事自体が子供の為である事もお忘れなく。

子供の事を第一に考えすぎるあまり、自分へに負担を無視し続けていると、過労が原因で倒れてしまったり、育児ノイローゼになってしまう事もあり得ます。

あなたが休養する事は子供を優先していないのではなく、子供の事を考えての結果なのです。

メリットもある

0歳児を保育園に預ける事で後悔してしまう方はデメリットにしか目がいっていない事が多いようですが

0歳から子供を保育園に預ける事で得られるメリットというのも確かに存在しています。

病気の免疫が着く

保育園というのは風邪や病気が絶対に流行しますよね。

一見デメリットのように感じるかもしれませんが0歳のうちから様々な菌に免疫を付けておいた方が今後の生活の事も考えて絶対に良いです。

過保護にしすぎるあまり、菌の免疫力がないまま成長してしまうと大人になってからも病弱な体質になってしまう可能性もあります。

医者通いは正直めんどくさいですが、絶対に0歳のうちから免疫力は付けておいた方がいいですよ。

子供の成長が早い

保育園の0歳児クラスというのは特に、子供同士が刺激を受けるので家庭で子育てをしている子に比べて成長が早いです。

大人以外の人との関わりというのも子供の成長発達には欠かせない要素なんでしょうね。

子供の成長が早いという事はそれだけ子供が勝利体験、成功体験をする機会が増えるという事なので、今後の成長にも良い影響を与え続ける事でしょう。

これも0歳児を保育園に預けた際のメリットと言えます。

バランスのとれた食事

給食のある園限定ですが、保育園の給食は栄養士の考えたベストバランスの献立である事が多いです。素人の作る乳児食とは違い、食に関して絶対の安心がありますよね。

また0歳児クラスで様々な物を食べたり、周りの子が食べている環境で育つ事で好き嫌いがなくなりやすいです。

これも大きなメリットですよね。

まとめ

いかがでしたか?

保育園に0歳児を預ける事で後悔する方は多いようですが、保育園で子供が育つ事は悪い事でもなんでもありません。

むしろ愛着形成がしっかりと出来ているならば、家庭で子供を育てるより保育園に任せたほうが子供の発達には良い影響を与えると思います。

以上!保育士の助言でした!

是非、下からシェアをお願いします!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
保育士の助言 下部




保育士の助言 下部




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする