赤ちゃんのおもちゃに消毒は必要なし?

テスト リンク広告 保育士の助言

この記事は発達障害児の保育経験があり、社会福祉主事任用資格を保持した保育士が執筆しています。





こんにちは、現役保育士です。

赤ちゃんのおもちゃの消毒を毎日している方って意外と多いですよね。

でもそれって本当に必要な事なのでしょうか?

スポンサーリンク
保育士の助言 下部




赤ちゃんのおもちゃに消毒してる?

赤ちゃんは興味があるものになんでも口に入れてしまいます。

これは別に「味がするから」とか「甘えたいから」といった理由ではありません。

子育てをしている方ならば知っている方もいるかと思いますが、赤ちゃんが何でも口に入れてしまうのは本能的に感触を確かめたいからなのです。

興味があるものをなんでも口にいれてしまうという事は赤ちゃんに興味を持たせる為に形作られたおもちゃはよりいっそう赤ちゃんのよだれでベタベタになってしまいます。

これは仕方のない事なのですが衛生面を気にしておもちゃの消毒を念入りにしている方って結構多いですよね。

私が担任をした0歳児クラスの保護者も毎日全てのおもちゃを熱湯消毒しているとおっしゃっていましたが、実はこれ、あまり良くない事なのです。

消毒は必要なし?

熱湯消毒を毎日やるレベルまで気にしすぎるのは赤ちゃんの発達の妨げになってしまう可能性があります。

どういう事かというと、赤ちゃんが物を口に入れるのって子供の発達にも良い影響を与えているのです。

おもちゃなどに付いている微量なほこりや菌をあえて舐めさせる事で赤ちゃんの免疫力が付くというのはご存知ですか?

子供が小さい頃には砂遊び、泥遊びを沢山やらせた方がいいと聞いたことありません?

要はあれと同じ理論です。

大人にとってみれば見るからに衛生面で良くないベタベタのおもちゃも赤ちゃんにとってみれば今後身体に襲いかかってくるであろう菌の予防薬とも言えるのです。

毎日欠かさず熱湯消毒をするまで気にしすぎるのは良くないという事ですね。

おもちゃに消毒が必要な時は?

ただ、絶対に消毒をしなくてはいけない状況というのも確かに存在します。

気にしすぎるのも良くないと言えどもこんな時には必ず消毒をして下さい。

おもちゃに排泄物が付いたとき

例えば汚れたオムツに一度ついてしまったおもちゃは必ず消毒をしましょう。

こんなときこそ、アルコール除菌だけではなく、熱湯消毒をしたほうが安心できますね。

さすがに分かっているとは思いますが、いくら免疫力をつけたいからといって、排泄物がついた物、またはついた可能性のある物を放置して置くのは大変危険です。

子供が病気に繋がる危険もあるので絶対に消毒をしましょう。

おもちゃに塗り薬や液体の薬品が付いたとき

薬品関係の成分が付着したおもちゃを赤ちゃんが舐めてしまうのはとても危険です。

赤ちゃん用に使用できる薬だったらまだ良いのですが、例えば大人用の化粧品など、家の中に存在する菌よりもはるかに赤ちゃんの身体に悪影響なので除菌は欠かさずに行いましょう。

赤ちゃんのおもちゃの消毒

ここまで赤ちゃんのおもちゃの消毒はそこまで気にしすぎる必要は無い事をお伝えしてきましたが、あまりにもおもちゃを放置しすぎるのは良くありません。

熱湯消毒やアルコール除菌とまでいかなくても2、3日に一回は水洗いでいいので洗ってあげて下さい。

熱湯消毒やアルコール除菌は菌を完全に消してしまうのでむしろ水洗いを推薦します。

しかし赤ちゃんのおもちゃは水洗いが出来ない物も多い為、仕方なく熱湯消毒やアルコール除菌をしなくてはならない状況もあるかと思います。

私が担任をしている0歳児クラスの副担の先生とも話し合った事があるのですが、

重要なのは赤ちゃんの「お気に入りのおもちゃ」を水洗い出来るおもちゃにしてあげる事が子供の成長に良い影響を与えるという事だと思います。

では水洗いできるおもちゃとはどんな物か?軽く紹介していきます。

水洗い可能なブロックのおもちゃ

 

【baby Clemmy】 やわらかブロック基本セットボックスの詳細はこちら

こちらは赤ちゃんでも遊べるプ二プ二のブロックです。

ブロックは知育にも良いおもちゃであると言われていますし、感触がとても良いので赤ちゃんのお気に入りにもなりやすいです。

大きさも誤飲が出来ないサイズとなっているので安心できますね。

水洗い可能な車のおもちゃ

 

【オーボール ラトル&ロール】の詳細はこちら

こちらは水洗い可能な車のおもちゃとなっています。

赤ちゃんの力でも簡単に動かす事が出来るうえに走らせるとタイヤの中のビーズで音が鳴るので赤ちゃんの興味をそそりやすいです。

音の出るおもちゃで水洗い可能なおもちゃはなかなか無いのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんのおもちゃには熱湯消毒やアルコール除菌ではなく水洗い程度の簡単な衛生面での対策をした方が子供の成長に良い影響を与えますよ。

消毒に関して気にしすぎる気持ちも良く分かりますが、あえて子供に試練を課すではないですけど、免疫力をつける為には多少汚い環境の方が良いと言えるでしょう。

お部屋をきれいに保ちたいのであればインテリアとしても映えるおしゃれなおもちゃをおすすめします。↓

赤ちゃんが遊べるおしゃれなおもちゃ【3選】の記事はこちら

以上!保育士の助言でした!

ぜひ、下からシェアをお願いします!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
保育士の助言 下部




保育士の助言 下部




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする