生後3ヶ月の髪の毛|抜ける原因は?赤ちゃんがむしる対策法

こんにちは、現役保育士です。

生後3ヶ月頃の赤ちゃんは髪の毛が自然と抜けたり、自分でむしったりする事があります。原因は様々ですが、かゆみが引き起こっているのだとしたら注意が必要です。

スポンサーリンク
保育士の助言 レスポンシブ (下部)




生後3ヶ月の髪の毛

生後3ヶ月の赤ちゃんの髪の毛はふさふさな事もあれば薄い場合もあります。

生まれる瞬間から一人ひとり髪の毛の質は違うので、薄いからといって心配する必要はありません。

髪の毛は赤ちゃんの身体的な発達の中でも特に個人差が大きいものですから、他の赤ちゃんと比べる事で不安に思う保護者の方もいるでしょうが、あまり気にする必要はありません。

しかし生後3ヶ月の赤ちゃんが自分で引っ張って髪の毛を抜いてしまう場合には注意が必要です。

赤ちゃんの抜け毛について

赤ちゃんの抜け毛は生後6ヶ月頃まで続く事が多いです。

たとえ、産まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛が薄かったとしても、6ヶ月頃になると自然に生え変わっていきますので、心配する必要はないかと思います。

この現象は医学的にも「新生児生理的脱毛」と呼ばれるもので、ほとんど全ての赤ちゃんに起こることです。

仰向けに寝ている時に後頭部が擦れて髪の毛が薄くくなってしまう事もあるようですが、抜け毛が盛んな生後2ヶ月~6ヶ月の間は結構ごっそりと抜けるのでびっくりするかと思いますがそれが普通です。

生えそろうのも個人差があり、薄毛の期間が長く続く事もありますが、適切な成長をしているのであれば必ずそのうち生えてきますので問題はありません。

髪の毛がよく抜ける赤ちゃんは9ヶ月頃まで薄毛がどんどん進行していく事もあり、産まれた時よりはげているなんて事も多いようです。

あまりにも短いと女の子でも、男の子のような外見になってしまうかもしれませんが、それでも1歳を過ぎる頃には生えてくる事も多いので今は髪型の事は気にしないでおきましょう。

抜ける原因は?

ただ、赤ちゃんの髪の毛が抜ける原因は「新生児生理的脱毛」以外にもあるという事を知っていた方が良いかと思います。

赤ちゃんは肌トラブルなどでかゆみが引き起こされると頭を掻いたり、痒い部分をこすりつけたりします。

その際に赤ちゃんは抜け毛が生じ、髪の毛が薄くなってしまうという事もあるようです。

この事を脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)と呼び、生後数週間~生後4ヶ月頃までに起きる症状です。

赤ちゃんの毛穴に皮脂が詰まると雑菌が繁殖してしまうので脂漏性湿疹が起こりやすいと言われています。乳幼児の場合、常に頭皮を清潔に保つよう心掛けたいですね。

【頭の乳児湿疹】かさぶたやフケ|赤ちゃんの頭皮が赤いと危険です! の記事はこちら

むしる場合の対策

生後3ヶ月頃の赤ちゃんが髪の毛をむしる事や引っ張る事は成長の過程でもあるので、あまり神経質になるのも良くないですが、髪の毛がはげてしまうほど頻繁になってきているのであれば、それがクセになって薄毛がどんどん進行していく可能性もあるので注意が必要です。

髪の毛をむしると生えてこなくなるという事はありませんが、生えそろうのが遅れたり、不自然な形になってしまう場合もあります。

またかゆみから髪の毛をむしる場合では、爪で頭皮が傷つけられている事もありますのでより注意が必要です。

爪の長さが伸びているとしたら頭皮が傷ついた部分から雑菌が侵入しやすくなるので、それだけ脂漏性湿疹の可能性も高くなります。

赤ちゃんが頭が痒いような仕草を見せていたら、まずは沐浴時に使っているベビーソープに確認してください。

低刺激のものを使用しないと、脂漏性湿疹が発症している、または発症しがちなほど頭皮が弱い赤ちゃんにはよくありません。

比較的安価なベビーソープには配合成分の中に刺激が強すぎるものが入っている可能性がある為、出来れば肌の弱い赤ちゃん専用のものを使った方がいいでしょう。

↓のベビーソープであれば無添加で刺激も少ない為、脂漏性湿疹の予防にも繋がりますのでおすすめです。



赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》の詳細はこちら

髪の毛が少ない事自体は赤ちゃんのとって問題は無い事ですが、薄毛の原因自体は肌トラブルなどの可能性もありますので、赤ちゃんが痒いという仕草を見せたらなるべく早くに対策をした方が良いかと思います。

ベビーソープ以外の対策としては、あらかじめ爪を切っておくことで頭皮を傷つける事は少なくなるので、常に短めにしておくと良いです。

また、赤ちゃんが自分で髪の毛をむしる動作や引っ張る動作を見せたら他の事で気を紛らわせるようにママが促してあげましょう。

まとめ

生後3ヶ月頃の赤ちゃんは髪の毛が抜ける事が多いですが、これは赤ちゃんに必要な成長の証でもあるので薄いのは仕方ない事だと諦めましょう。

ただ、赤ちゃんが痒い仕草を見せている場合には、自分で髪の毛をむしる事もありますし、引っ張るような行動を見せる事もあります。

場合によっては脂漏性湿疹の可能性もありますので、あまりにも症状が長く続くようでしたら、皮膚科で受診する事をおすすめします。

以上、保育士の助言でした。



スポンサーリンク
保育士の助言 レスポンシブ (下部)




保育士の助言 レスポンシブ (下部)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする