【頭の乳児湿疹】かさぶたやフケ|赤ちゃんの頭皮が赤いと危険です!

テスト リンク広告 保育士の助言

この記事は発達障害児の保育経験があり、社会福祉主事任用資格を保持した保育士が執筆しています。





こんにちは、現役保育士です。

赤ちゃんの頭に出来る乳児湿疹について説明します。

かさぶたやフケといった症状から、頭皮が赤くなる際の注意点について分かりやすく話していきます。

スポンサーリンク
保育士の助言 下部




頭の頭皮湿疹について

赤ちゃんの頭に乳児湿疹が出来ると黄色いかさぶたがポツポツと出来たり、頭皮が赤くなったりします。

これは生後数週間から数か月で発症する事が多く、1ヶ月検診の際に診断を受けたり、相談をしようと考えている保護者の方も多いです。

適切なケアをしていても頭に乳児湿疹が発症する事はありますし、皮膚が弱い赤ちゃん専用のベビーソープなどを使用してやさしく洗っていれば2ヶ月から3ヶ月で治る事が多いようです。

乳児脂漏性湿疹とは

赤ちゃんの頭の乳児湿疹は病名にすると「乳児脂漏性湿疹」と言います。アトピー性皮膚炎と症状は似ていますが全く別の物です。症状としては、アトピーと比べてかゆみは少ないのが特徴です。

アトピーとの見分け方

アトピーとの見分け方についてですが、乳児脂漏性湿疹は生後数週間から1ヶ月前後に発症し、頭皮や顔に黄色いかさぶたが出来るのが特徴なのに対し、

乳幼児のアトピー性皮膚炎は2ヶ月から3ヶ月で発症する事が多く、体や手足にまで赤みや発疹が見られます。

乳児が衣類に肌をこすりつけている場合、かゆみを感じているという事なので、赤ちゃんの様子を観察する事で判断もしやすいかと思います。

「乳児脂漏性湿疹」と「アトピー性皮膚炎」

どちらの乳児湿疹も沐浴時のベビーソープでの洗い方や沐浴後の身体の保湿が重要となります。

かさぶたの原因

乳児脂漏性湿疹が発症した子供は頭皮から皮脂が大量に分泌し、髪の毛に固まってしまう傾向があるようです。

うろこやかさぶたのようなものは外傷した時に出来る血液の塊とは違い、「皮脂」という事ですね。

臭いも強く、頭の近くで嗅ぐと非常に臭いです。

色は黄色いにきびのような形状をしており、ひどくなると面積がどんどん広がっていくので、早めのケアが必要になります。



かさぶたのはがしかた

頭についている、うろこやかさぶたのはがし方ですが、間違えても爪などで、強引にはがしたりしてはいけません。

細菌感染が起きて炎症してしまう可能性もあるので、一気にはがすのではなく、ベビーオイルやワセリンなどを使いふやけさせましょう。

軽くこすれば取れるくらいの状態にまでもっていき、お風呂に入って自然に取れるくらいが理想ですね。

頭皮が赤いと注意

頭皮が赤いのは、乳児脂漏性湿疹の初期症状とも言えるので注意が必要です。

この段階で、適切なケアをするかしないかで赤ちゃんの肌質が変わっていくので、絶対に早めの対策をする事が重要です。

具体的な対策にとしては、沐浴時に刺激の少ないベビーソープを使用して常に頭や顔の保湿をする事を意識するようにしてください。

さらに細かい詳細については下の記事にまとめてあります。

【乳児湿疹やアトピーの子におすすめのベビーソープ】の記事はこちら

フケについて

赤ちゃんが産まれて1ヶ月から2ヶ月は皮脂の分泌が多く、ベタベタしていますが、3ヶ月から4ヶ月児になると頭皮は乾燥してくるので今度はフケが出やすくなります。

今まで乳児脂漏性湿疹だけだった乳児もこの時期からアトピー性皮膚炎も発症しやすくなってくるので、より一層ケアが重要となってきます。

アトピーは発症してから「治療」をするよりも「予防」をして未然に発症を防ぐ事が重要となります。

赤ちゃんの身体的発達は今後の肌の弱さにも影響してくるので、必ず保護者の方が健康状態を常に把握しておきましょう。

治るのはいつ?

乳児脂漏性湿疹に関しては発疹が出てから適切なケアをする事で、2ヶ月~3ヶ月で自然と治ってくる事が多いようですが、

アトピー性皮膚炎の場合、早くても2歳児になる頃まで完治させるのは難しいです。

ほとんどの子供は成長期に入る前にアトピーは治るといわれていますが、残念ながら大人でもアトピーに苦しんでいる方は大勢います。

敏感肌で遺伝が関係している事もありますが、なるべく発症する要因を排除するように努める事が重要です。

まとめ

赤ちゃんの頭の乳児湿疹は「乳児脂漏性湿疹」と呼ばれるものである事が多いのでなるべく早くにケアをする事が重要です。

適切でないケアを続けていると、アトピー性皮膚炎などの乳児湿疹にかかってしまう可能性もあるので絶対に自己判断で解決するのは辞めましょう。

また、赤ちゃんの肌の保湿は乳児湿疹対策として非常に重要な要素となります。

少しでも刺激のある成分が含まれているベビーソープを使用していると、さらに赤ちゃんの肌に悪影響を与えてしまう可能性もあります。

下のベビーソープは無添加の成分のみで作られており、泡で出てくるので肌にとても優しいです。

肌の弱い赤ちゃんにおすすめのベビーソープなので詳細をご覧になってみて下さい ↓

赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》の詳細はこちら

以上、保育士の助言でした。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
保育士の助言 下部




保育士の助言 下部




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする