【乳児湿疹やアトピーの子におすすめのベビーソープって何ですか?】

こんにちは、現役保育士です。

私が勤務している保育園でも乳児湿疹やアトピーを抱えた子供が何人かいますが、保護者の方からこんな質問をよくされます。

「お風呂で使うベビーソープって結局どれがいいんですかね?」

私も最初は正直迷ったのですが、実際に使ってみて「これいいな!」と思えたベビーソープがあったので紹介していきます。

スポンサーリンク
保育士の助言 レスポンシブ (下部)




乳児湿疹の子にはどんなベビーソープがいいの?

乳児湿疹やアトピーの赤ちゃんは肌がとにかく弱いです。

健康な0歳児の赤ちゃんでも大人よりはるかに肌が弱いですが、乳児湿疹やアトピーを抱えた赤ちゃんはさらに肌が弱いので、よりいっそうベビーソープには気を使わなくてはなりません。

心配性になってしまう保護者の方の気持ちも分かりますね。

では実際のところ、乳児湿疹やアトピーを抱えた赤ちゃんにはどんなベビーソープが適しているのでしょうか?

ベビーソープは保湿力が重要

ちょっとあまりにも流されている方が多いので言っちゃいますね。

ベビーソープを選ぶ際には

「~にはこんなに良い成分が入っています!」とか

「この成分は肌にとっても優しい!」などの

宣伝文句には一切聞く耳を持たない方が良いです。

ざっくり言い切りましたが・・・

何でも信じてしまい、調べもしないで購入してしまう方があまりにも多いので。

まずベビーソープというのは、どんな成分が入っているかはその会社がベビーソープを買わせたいが為に大げさに主張しているだけで、実際そこまで重要ではありません。

なぜかと言うと、乳児湿疹やアトピーを抱えた赤ちゃんには成分がどんなものかより、保湿力の方が断然重要だからです。

アトピーや乳児湿疹の治療はあくまでも処方された薬で行います。

自宅で出来る日常的なケアとしてベビーソープを使うのですから宣伝文句に釣られて調べもしないで成分重視のものは買わないように!

はっきり言ってしまうと、どんなに良い成分でも少しでも肌に刺激があるものはアトピーや乳児湿疹に適さないです。

まあ人体を構成するうえで、必要のないものを吸収しようとしているのだから当然と言えば当然ですけどね。

沐浴というのは、肌をきれいに保ち、不衛生なばい菌や垢を洗い流すのが主な目的です。

しかし汚れた身体をきれいに洗い流すという事は赤ちゃんの身体から出る油までも流してしまいます。

油なんて出ていたら身体が痒くなるので洗い流したほうがいいと思う方もいるかと思いますが、油は体を乾燥させない役目を持っているので実は重要なのです!

ここ!メモるとこですよ~

ベビーソープは赤ちゃんの身体の垢や汚れを落としつつも、いかに沐浴後に赤ちゃんの身体を乾燥から守るかが重要な基準となります。

勘違いをしている方が非常に多いので、もう一度言いますが、ベビーソープとはそもそも乳児湿疹やアトピーを治す物では無いという事を理解してください。

乳児湿疹やアトピーを治すのは病院で貰った薬であり、沐浴はあくまでも赤ちゃんの身体をきれいに保つだけです。

どんなベビーソープおすすめ?

じゃあ結局、

「乳児湿疹やアトピーを抱えた子はどんなベビーソープがおすすめなの?」

という話ですが個人的におすすめしたいのがこちらのベビーソープです。



赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》の詳細はこちら

↑こちらのベビーソープは保湿力の高い泡タイプのベビーソープなので乳児湿疹やアトピーを抱えた赤ちゃんには適しているかと思います。

配合成分が無添加なので赤ちゃんの肌への負担も少ないです。

保湿力がめちゃくちゃ高くて、沐浴時に使用しても赤ちゃんの肌がカサカサになる事はまずありませんでした。

泡タイプなので泡立てる必要もないし、一般的に泡タイプは固形や液体タイプよりも肌に優しいと言われているのでベビーソープとして適しています。

0歳児のベビーソープは泡がいい

ベビーソープには様々な種類がありますよね。

固形や液体、泡など沢山の種類の中でどれを選んでいいのか分からないと迷っていた方も多いのではないでしょうか?

どの種類にも1長1短ありますが0歳児のベビーソープにはやはり泡がおすすめですね。

理由としては、そもそも赤ちゃんの肌はかなり敏感であり、大人と比べても非常に乾燥しやすいからです。

固形の場合は泡立て方にもよりますが、基本的に0歳児の肌に液体のベビーソープを使用してしまうと刺激が強すぎます。

いくらベビーソープと言えども、敏感肌の0歳児が液体を使用してしまうと肌荒れの原因となってしまう可能性がありますし、アトピーや乳児湿疹を抱えている子供ならなおさらです。

ベビーソープはどの製品も、様々な身体に優しい成分を主張している事が多いですが、今までの経験と照らし合わせて見ても、成分表より何よりも1番重要なのが保湿力です。

保湿力が重要なのはなぜ?

何度も言うようですが、0歳児の肌は本当に敏感で、免疫力もかなり低いです。

なので液体や固形のベビーソープではお風呂に入った後に乾燥してしまうんですね。

その乾燥が肌荒れの原因にもなりえるので、0歳児のベビーソープは特に保湿力を重視して選ぶ必要があると思う訳です。

多くのベビーソープの宣伝文句は

「こんなにいい成分が入ってるんですよ~」とか

「こんなに肌にやさしいんですよ~」

なんてものばかりですが正直それほど大きな違いはありません。

どんなに良い成分が入っていたとしてもお風呂あがりに乾燥してしまうようでは肌に悪影響を与えるのは当然で、

いかにも「肌に良いです効きます感」を出しているベビーソープのせいで、無駄にお金を使ってしまった人が何人いることやら。

つい最近、アトピーを抱えた1歳児の保護者の方にも

「お風呂ではどんなベビーソープを使ったらいいのでしょうか?」

なんていう質問を受けましたが、私はこのベビーソープの商品名をあろうことかド忘れしてしまったので、具体的には伝えられなかったのですが、

「成分を見て購入するよりも乾燥しないものを選んだ方がいいです」

と伝えました。


赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》の詳細はこちら

泡タイプのベビーソープは片手で使える

0歳児用のベビーソープで意外と重要なのが、片手で使用できるという事です。

固形や液体タイプであると泡立てる必要があるのですが、その泡立てている間にも子供は動いて暴れてしまいますよね。

0歳児の身体を洗う際には、ママがきちんと赤ちゃんの身体を動かないよう、押さえておく必要があるのです。

そんな中で泡タイプのベビーソープであれば泡立てる必要がそもそもないので、片手でプッシュしすぐに赤ちゃんの身体を支えることに集中できるので便利だと思いました。

最初は泡タイプという事には保湿効果を期待していただけでしたが、実際に使用してみると意外な所で利点を感じたので口コミとして記載しておきます。

安いベビーソープは保湿力が低い?

「安いベビーソープは良くないんですか?」

という質問も保護者の方から受けた事がありますが、これは物によるとしか言えませんね。

安いベビーソープでも保湿力の高いベビーソープはあるかもしれませんが、私の個人的な印象では安ければ安いほど科学的な成分を含んだベビーソープが多い為、保湿力も低く赤ちゃんの身体には適していないかと思います。

これが2歳児や3歳児であれば問題は無いのかもしれませんが、0歳児から1歳児であるとまだ肌の抵抗力が低い為、泡タイプの保湿力の高いベビーソープを選択した方が無難かと思います。

ベビーソープの種類

泡タイプが良いといってもそもそもベビーソープにはどんな種類があるのか、それを使うべき場面はいつなのか知らない方も多いかと思いますので、

もう少し詳しくベビーソープの種類をタイプ別で解説していきたいと思います。

液体タイプ

まずは液体タイプのベビーソープですが、こちらは一般的に使われている大人用のボディソープと同じ形を想像してもらえると分かりやすいと思います。

ボトルの上の部分をプッシュすると液体が出るので、そちらを泡立ててから肌に当てていくという感じです。

液体タイプのベビーソープは比較的泡立てやすく使い勝手は良いのですが液体を維持する為に科学的な成分が多く入っている事もありますので、新生児や肌の弱い方は使用するべきではないかと思われます。

逆に2歳児以降で肌が健康であるならばコスパもいいので液体タイプを使用しても問題ないでしょう。

固形タイプ

固形タイプのベビーソープは1番安価で最もコスパの良いベビーソープでしょう。

石鹸と同じ形だと考えて大丈夫です。

しかし使用する前には泡立てなくてはいけません。この泡立てるという作業が固形タイプのベビーソープの一番のネックです。

しかし天然成分のみで作られている事も多いので、手間をかけてしっかりと泡立てる事ができるのであれば使用してもいいでしょう。

ただ殺菌効果が低い為、よく泡立て肌を洗ったつもりでもまだ菌が付着している事が多いのも事実と言えるでしょう。

乳児湿疹やアトピーを抱えた子に使用するのはちょっと怖いですね。

2歳以降の子供で、肌は健康であり特にこだわりの無い方であれば使用しても問題は無いかと思います。

泡タイプ

泡タイプのベビーソープはプッシュをするとそのまま泡がボトルから出てきますので、そもそも泡立てるという作業が必要ありません。

片手で使用する事ができるのでとても便利ですね。

また殺菌効果もそれなりに高いうえに、科学的な成分を排除してある物もあるので0歳児や1歳児、乳児湿疹やアトピーを抱えたお子さんにも使用している方が多いです。

また肌の弱い大人でも使う方は多いようですね。

先ほど紹介したベビーソープもこの泡タイプですが、特に保湿力に特化したタイプのものになります。



赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》の詳細はこちら

赤ちゃんの身体の洗い方も重要

少し話はそれますが、乳児湿疹やアトピーの子に対して成分がどうとか保湿力がどうとか以前に身体の洗い方が間違っている方が多いと感じました。

ベビーソープを使用する際には必ずよく泡立てましょう。この泡立てるという作業を怠ってしまうと赤ちゃんの身体には刺激が強すぎる為、乳児湿疹やアトピーを悪化させてしまう可能性もあります。

沐浴時には赤ちゃんの身体を支える必要もある為、面倒になりがちなのですが、しっかりと泡立てる事を意識しましょう。

間違っても赤ちゃんの身体の上で身体をこすりながら泡立てるといった事のないようにしてください。

ベビーソープはいつまで使う?

ベビーソープは明確にいつまで使いましょうという表記はありませんのでいつまでも使って問題はないですが、大体1歳から2歳までに大人用のボディソープに変更する方が多いようです。

もしかすると、ここで疑問を感じる人いるかもしれません。

ベビーソープを使い続けていいのなら大人用のボディソープに変更する必要もないですよね。

じゃあなぜ大人用のボディソープに変更しているのでしょうか?

何故かと言うと、ベビーソープをいつまで使い続けるかは正解が無いので人によって判断が分かれるものだからです。

大人用ボディソープとベビーソープではそれぞれメリットとデメリットがあるのでそちらを参考にしつつ個人の判断という事になりますね。

ではどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

子供を育てていくうえでも、今後の為に結構重要な事なので見ていきましょう。

ボディソープのメリット

ボディソープのメリットはベビーソープよりも香りの強い物が多いので、汗をかいた時にもある程度悪臭を抑える事ができます。

もちろんベビーソープでも香りのする物はあるのですが、どっちかというと大人用のボディソープの方が香りが強く、持続力も高いです。

他にも大人用のボディソープの泡にはベビーソープの泡と比べて、殺菌効果が高いと言えるでしょう。

殺菌とはいわゆる菌を退治する力の事です。

菌が死滅していない状態で身体についていると、健康面での悪影響を受けてしまうので、殺菌効果が高いのは、大人用ボディソープのメリットと言えるでしょう。

もう一つのメリットとしては泡立ちがいいという事が挙げられます。

大人用ボディソープは比較的すぐに泡が立つので、泡立てるという面倒な作業をしなくて済みます。

毎日使う物は手間がかからなければかからないほど良いのでこれもメリットの一つと言えるでしょう。

ボディーソープのデメリット

ボディソープのデメリットはやはり刺激が強すぎる事でしょう。

2歳児以降であれば問題はないかもしれませんが、0歳児や1歳児、乳児湿疹やアトピーを抱えた子にはあまり使用するべきではないかと思います。

というのも先ほどメリットでお伝えした通り、ボディソープには殺菌効果が高い成分が含まれていますが、この殺菌効果は菌に対して有効なのですが、肌に対しても攻撃してしまうのです。

つまり、肌に付着した菌を退治する事はできますが、同時に肌荒れや湿疹の原因ともなり得る訳です。

大人でも肌の弱い方がベビーソープを使用するのはこういった理由もあるからなんですね。

ベビーソープのメリット

ベビーソープのメリットは泡自体が肌に優しいという事でしょう。

赤ちゃんの肌の抵抗力でも泡の殺菌成分に勝つことができるように作られているので、やはり0歳児や1歳児、または乳児湿疹やアトピーを抱えた子はベビーソープを使った方がいいでしょう。

もし大人用のボディソープを使用する時には通常より多く泡立てたり、薄めて使用したりするなどの工夫が必要になりますね。

ベビーソープのデメリット

ベビーソープのデメリットは香りが大人用ボディソープより弱い為、汗をかくとすぐに香りが落ちてしまうという事です。

しかし肌が弱い方や乳幼児はその香りの成分自体も、肌荒れや湿疹の原因になり得るので仕方ないと言えばそれまでです。

他にもベビーソープは大人用のボディソープに比べ多少、高価になってしまう事が多いです。

大人用のボディソープでも良い物はもちろん高いし、ベビーソープでも大人用のボディソープより安い場合もあるのでピンキリとも言えますが、

統計的に見ると、ボディソープの方が平均的に安い気はします。

ベビーソープのおすすめ

まとめてみますと、0歳児や1歳児の子供や湿疹やアトピーを抱えた肌の弱い方はやはりベビーソープが適していると言えます。

逆に2歳以降の子供や肌が人並に健康であれば特にベビーソープを選択する必要はないと言えるでしょう。

重要なのは子供の肌に合った適切なベビーソープを選んであげる事です。

特にどれにするか決まっていないのでしたらやはり下のベビーソープがおすすめです。

変に挑戦するよりもアトピーや乳児湿疹の子供に適している無難なものを選んだ方が良いかと思います。



赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》の詳細はこちら

まとめ

乳児湿疹やアトピーの赤ちゃんには泡タイプの、保湿力の高い物を選んであげてください。

0歳児や1歳児の子は本当に肌が弱いのでその分、沐浴時にはかなり気を使いましょう。

日常的に長くケアを続ければ、乳児湿疹やアトピーはほとんどの子供が完治するのでめげずに頑張って下さい。

以上!保育士の助言でした!

よろしければ下からシェアをお願いします。



スポンサーリンク
保育士の助言 レスポンシブ (下部)




保育士の助言 レスポンシブ (下部)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする