【テレビ台は赤ちゃんに危険!】登る時は柵でガードしよう!

テスト リンク広告 保育士の助言

この記事は発達障害児の保育経験があり、社会福祉主事任用資格を保持した保育士が執筆しています。





こんにちは、現役保育士です。

赤ちゃんにとってテレビ台はとっても危険な家具のひとつですね。

一歩間違えると重大事故に繋がるという事も考えられるのでしっかりと対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
保育士の助言 下部




テレビ台は危険

赤ちゃんは身体的な発達が進むに連れて、行動範囲がどんどん広がっていきます。

ハイハイが出来るようになると今まで興味が無かった家具や物でも積極的に触りに行きますし、歩き始めるとさらに高い所まで手が届きます。

家の中で様々の物に興味を持って知的好奇心を刺激する事は赤ちゃんの情緒的な発達が期待できるので良い事と言えば良い事なんですが、

家具によっては赤ちゃんに危険性が高いものもあります。

特にテレビ台なんかは痛ましい事件としてたまにニュースで取り上げられる事もあるので、注意しなくてはなりません。

赤ちゃんがテレビ台に登る

テレビ台がなぜ危険なのかと言うと、赤ちゃんが登るのにちょうどいい高さである事が多いというのが大きな理由です。

机や棚なんかと違って、頑張れば0歳の赤ちゃんでも登れるという適度な高さが、日常の中で危険を生んでしまうのです。

例えばテレビ台によじ登るのが習慣になってしまうと、何かの拍子にテレビ台から落ちて頭をぶつけてしまうという事も考えられますし、

液晶テレビを奥に倒してしまい、壊してしまうという事も考えられます。

まだテレビの破損というだけなら問題ないですが、固定が甘かったりすると手前に倒れてくるという事も考えられますので、最悪テレビが手前に倒れてきて赤ちゃんを下敷きにしてしまうという恐ろしい事も考えられますね。

コンセント

これは、テレビに限った事では無いのですが、コンセント周辺も赤ちゃんにとって危険な要素が多いです。

好奇心が強くなるに連れて、コンセントの穴に物を入れてみたりコードを引っ張ったりもするようになります。

特に危険なのが、コンセントの先端を舐める事で、周辺が濡れて感電するという事です。

テレビなどを接続しているコンセント周辺はコードが多くなりやすいので、首に巻きつくという事も考えられます。

これらの事故は未然に防ぐ事が重要ですので、保護者の方は家の中でもなるべく赤ちゃんから目を離してはいけませんね。

たとえ言葉が理解できるほど発達が進んだ赤ちゃんでも、「コードは触っちゃダメ」という一言だけでは、危険を防止する事は難しいです。

やはり赤ちゃんにとって危険のない生活空間を作ってあげる事が一番重要なのではないでしょうか?

登る時の対策

赤ちゃんがテレビ台の上に登ってしまう時、対策として考えられるのが、ベビーゲートやベビーサークルで囲ってしまうという方法です。

赤ちゃんにいとってテレビ台が危険であるなら、そもそもそこに近づけさせないようにするというのが一番効果的という事ですね。

家の構造によっては赤ちゃんの行動範囲が狭まってしまうかもしれませんが、それでも危険性のある生活空間よりマシです。

ただ、個人的にはベビーゲートで赤ちゃんを囲うのではなく、ベビーサークルを工夫してテレビ台を囲うような感じにした方が良いかと思います。

これならば赤ちゃんの行動範囲も極力広く保つ事が出来ますし、テレビ台に登るという事も赤ちゃんは出来なくなります。

柵でガード

ベビーゲートの柵でテレビ台をガードするには、テレビに向かってカタカナのコの字のように囲ってあげると部屋のスペースを無駄にする事なく設置出来るかと思います。

なので、出来れば角度が自由に調節できるベビーゲートの方が使い勝手が良いと感じます。

【 ベビーゲート おくだけとおせんぼ】の詳細はこちら

↑こちらのアマゾンの商品は置くだけで、赤ちゃんが通れないようにベビーゲートが設置出来るという物です。

他のベビーゲートと比べて多少値は張りますが、安定感があり赤ちゃんが自力で乗り越えるという事もありませんし、角度調節も自由に出来るのでおすすめです。

テレビ台を囲うだけでなく、遊び場とリビングに区切りを付けたりも出来ますし、模様替えでテレビの位置を移動したいという場面でもそれに合わせて簡単に位置を変更できます。

使い勝手は良く、現時点でアマゾンの評価もかなり高いのでよろしければ詳細をご覧になってみて下さい。

【 ベビーゲート おくだけとおせんぼ】の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?

テレビ台は赤ちゃんにとって危険なものですが、ベビーサークルやベビーゲートを使用し、柵で囲うなどの適切な対策をすれば赤ちゃんの行動範囲を狭める事なく、安全な環境で子育てが出来るようになりますよ。

テレビ台に登る赤ちゃんは、口で伝えただけでは中々対策はしにくいので保護者の方は注意してください。

重大な事故は起こってからでは遅いので、事前に防ぐ努力をするという事が重要だと思います。

以上、保育士の助言でした。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
保育士の助言 下部




保育士の助言 下部




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする