みんなのうた【3341】の意味は?|歌詞が深いと話題|坂口有望

10月から11月にかけて、NHKみんなのうたでは「3341」という新曲が公開されています。

今回は、この曲のタイトルである「3341」の数字の意味を、歌詞の考察を踏まえて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
保育士の助言 レスポンシブ (下部)




【3341について】

3341は現役女子高の3年生であるシンガーソングライターの坂口有望さんが作詞作曲をした歌です。

現役の高校生らしく、可愛らしくも青春特有の儚さがうまく表現されている曲ですね。

みんなのうたに坂口有望さんが登場したのは初めてのようで、

「この曲を歌っているのは誰だろう?」と多くの人が疑問を抱いているようですね。

この「3341」という歌は青春ソングという枠組みですが、歌詞に少しだけひねりがあるので聴いていてもありきたりさを感じずに感動しますね。

なお、一部では百合ではないか?という噂もあるようです。

3341の意味は?

この曲のタイトル「3341」の数字の羅列には一体どんな意味があるのか、気になった方も多いのではないでしょうか?

元々は坂口有望さんが曲タイトルをあえて数字にする事で、その疑問から興味を持ってくれるよう戦略としてつけたようですね。

たしかにこの曲を聴いた人は「何の意味があるんだろう?」と疑問を持つかと思います。

結構戦略家というか少しズルいというか、なかなかセンスがあるのかもしれません。

ちなみに3341と書いて【さみしい】と読みます。

(ツイッターの反応)

坂口有望とは

坂口有望(あみ)さんは大阪市出身のシンガーソングライターです。

小学校4年生の時からミュージシャンを目指しており、「かっこよさそう」という安易な気持ちからギターを始めました。

中学2年生で既に曲作りを始め、2017年にメジャーデビューを果たしました。

歌詞を紹介

3341の歌詞を紹介します。

「3341」

うた/作詞/作曲 坂口有望

みんなのうた

NHKのみんなのうたでは「3341」以外にも様々な名曲があります。

特にこの曲と同時に放送される事の多い

【こどものこころ】という曲にも注目です。

【こどものこころ】の歌詞に感動! の記事はこちら

また、新曲であるオレンジレンジの「Family」にも注目です。

【Family】の歌詞を考察|みんなのうたにオレンジレンジ!? の記事はこちら

この保育士の助言サイトでは子育てに関する役立つ情報を発信しています。

もし今現在、赤ちゃんや子供の育児をしている方がいたら右のカテゴリーから他の記事もご覧になってみて下さい。



スポンサーリンク
保育士の助言 レスポンシブ (下部)




保育士の助言 レスポンシブ (下部)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする