【こどものこころ】の歌詞に感動!|みんなのうたの山崎育三郎って?

10月~11月の新曲、NHKみんなのうたの「こどものこころ」についてですが、最近歌詞が感動すると話題になっていますね。

今回は「こどものこころ」の歌詞を紹介すると共に、「うた」の山崎育三郎について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
保育士の助言 レスポンシブ (下部)




みんなのうたの「こどものこころ」

NHKみんなのうたでは10月から新曲として「こどものこころ」という曲が放送されています。

こどものこころはミュージカル俳優として有名な山崎育三郎さんが歌うという事で注目されていましたが、放送開始後にはその歌詞が今度は「感動する」と話題になっています。

それもそのはず、この曲のタイトルは「こどものこころ」ですが、メッセージとしては大人に向けた部分も含まれているからです。

子供の頃って何もかもが初めての体験で、毎日がわくわくしていましたよね。

この曲を聴くと、子供時代のそういった経験が蘇ってくるかのような懐かしい気持ちになりますね。

山崎育三郎とは

山崎育三郎とは「ミュージカル界のプリンス」とも呼ばれるくらい容姿の整った顔をしており、俳優や歌手として活動を行っています。

東京都の出身で、11歳の頃から既に全国童謡コンクールで審査員特別賞を受賞したりなど才能を発揮しているようですね。

実力派なイメージの山崎育三郎さんですが、進学も音楽の道に進み続け東京音楽大学に入学しましたが、2年でそこを中退してしまい、

今度はミュージカル俳優としてデビューします。

出演した舞台作品は数多く、テレビドラマやCMなど幅広く活躍をしています。

まさかこのタイミングでみんなのうたに出るとは思いませんでしたが、その歌唱力と作詞センスは今も健在ですね。

「こどものこころ」の歌詞

それでは、歌詞の紹介をします。

「こどものこころ」

作詞/うた 山崎育三郎

作曲 KOUGA

ねぇあの頃を忘れたの

見える全てが美しくて

怖いものなど何もなくて

僕が主役の物語さ

いつだって

泥だらけのなり友と笑いあった

時間を忘れていつも夢中だった

見えない未来がなぜか輝いて

また朝が来れば笑顔に会える

(ツイッターの反応)

みんなのうたについて

「こどものこころ」はみんなのうたの中でも王道というか、馴染みやすく聴いていて気持ちの良い曲ですよね。

NHKみんなのうたの新曲はこの曲以外にも名曲が沢山あります。

特にこの「こどものこころ」と同時に放送される事の多い曲にも注目です。

みんなのうた【3341】の意味は?|歌詞が深いと話題 の記事はこちら

ところで、このサイトは子育てに関する情報を発信しています。

もし現在、育児をしている保護者の方が見てくれているなら右のカテゴリーから他の記事もご覧になってみて下さい。



スポンサーリンク
保育士の助言 レスポンシブ (下部)




保育士の助言 レスポンシブ (下部)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする