【自閉症にイケメンや美人が多いって本当?】

テスト リンク広告 保育士の助言

この記事は発達障害児の保育経験があり、社会福祉主事任用資格を保持した保育士が執筆しています。





こんにちは現役保育士です。

皆さんは自閉症を抱えた人にはイケメンや美人が多いという話を聞いたことがありませんか?

実体験を交えながら解説していきます。

スポンサーリンク
保育士の助言 下部




自閉症はイケメンが多い?

私が4歳児クラスの副担をしていた頃、同期である他の副担の先生にどの子供が将来イケメンになりそうかという雑談をしていました。

4歳児クラスには顔つきが整っている子が比較的多かったのですが、その中でも自閉症を抱えた田村君(仮名です)が一番イケメンだという結論になりました。

子供の頃がイケメンだからと言って必ずしも将来イケメンに育つとは限りませんが、少なくともブサイクな大人になるとは到底思えないほど美形な顔つきをしています。

その証拠に4歳児クラスの、ませている女の子も、自閉症を抱えたイケメンの田村くんにあの手この手で近づいて話しかけています。

発達障害を抱えていると言えども、子供からしてみればそんなことは一切関係なく、人間としての魅力を田村君に感じているという事ですね。

そこで、同期の先生に言われた【ある一言】がとても気になりました。

それは、「自閉症の子はイケメンの割合が高くない?」という言葉です。

確かに、イケメンの自閉症の子供は田村くんだけでは無く、おととしまで5歳児クラスにいた自閉症の子もイケメンだった記憶があり、女子人気も高かった記憶があります。

「自閉症の子は美形に育つ」なんていう話を私も聞いたことがありますが、もしかしてそれは本当なのでしょうか?

調べてみたところ、自閉症の子がイケメンや美人になるという医学的な根拠は全く無いそうです。

私はこれを聞いて意外に思いました。

てっきり自閉症を抱えた子は健常者には無い特徴が出て美形になると勝手に思っていたからです。

というのも、実体験から察するに自閉症の子は確かにイケメンや美人の子供の割合が多い印象があったからです。

これは私だけの感想ではなく同期の先生も同じような感想を抱いていました。

発達障害の研究は現代ではあまり進歩していない為、もしかすると自閉症の人がイケメンや美人に育つという事に何かしらの根拠があって、現在は解明されていないだけかもしれないなんて思っています。

自閉症の子供が美形な理由

自閉症の子供が美形であることに、考えられる理由をいくつか挙げてみます。

目が特徴的

自閉症の特徴としてよく挙げられているのは、人と目を合わせないということです。

一見デメリットにも捉えられるこの特徴ですが、自閉症の子は本来子供が発達する過程で、見ているものと違うものを視界に捉えて毎日の生活をしているということです。

これによって健常者とは違う目の形に発達するという可能性も考えられます。

確かに言われてみれば、自閉症の子供は黒目が大きかったり目がぱっちりで二重になっているケースが多いように感じます。

全ての自閉症の子供がこれに当てはまるとは限りませんが、少なくとも私が接した自閉症の子はどの子も目が綺麗でイケメンや美人に見えることが多いように思いました。

骨格が綺麗

自閉症の子供は骨格が健常者と異なるというのは医学的な根拠はないそうですが、やはり自閉症の子供は顔つきの形が良い子が多い印象にあります。

何が要因となって美形になっているのかというのは私には分かりませんが、田村君を例に挙げると、4才児なのにも関わらず、少し大人びた小学生児童のような骨格をしていました。

ただし、目や鼻、などの各パーツはあどけない子供らしさを感じるような幼さが見受けられ、ジャニーズのような美形な顔つきになっています。

表情が魅力的

自閉症の子は自分の世界に没頭しやすく、他者とのコミュニケーションをとらないイメージが強いです。

実際に接してみても健常者の幼児よりもコミュニケーションをとるのが難しく、悪く言えば「何を考えているのか分からない」というのが正直な感想です。

しかし、自分の世界に入った自閉症の子供の表情は他にはない神秘的な何かを感じます。

分かりやすく言うならば、クールという言葉が一番近いと思います。

他の子供にはない魅力的な表情も自閉症の子供がイケメンと言われる理由の一つだと思います。

自閉症はモテる?

自閉症を抱えている人はモテるという話を聞いたことはありますか?

なぜそのように言われているのかに関しては、発達障害を公表している有名人にイケメンが多いからです。

有名どころで言うとトムクルーズや栗原類、 SEKAI NO OWARI の深瀬などが自閉症と同じ種類の広汎性発達障害だと告白していますね。

これは、

「有名人だからこそ人気者になっているだけなんじゃないの?」

と考える方も多いかと思いますが、

実際に私が勤務している保育園でも自閉症の子供は女の子からの人気が高いです。

田村君の場合は泥団子作りや粘土遊びがお気に入りの遊びなのですが、女の子が一緒に遊びたがる事が多く、毎日何人も田村君の元へ寄って行きます。

田村君自身は、一人で遊んでようが、他の子と混じって遊ぼうがどっちでもいいような感じなのですが、 女の子も田村くんが自分のペースで遊ぶのが好きなのを理解しているようで、一緒に座って子供同士だからこそ取れるコミュニケーションで楽しんでいますね。

4歳児クラスは走り回って遊ぶ男の子が多いので、静かに遊びたい女の子にとっては自閉症でイケメンの田村くんがぴったりの遊び相手(恋愛対象)になっているのかもしれませんね。

【自閉症は恋愛ができない?】女性と男性の目線に立って解説

自閉症は個性

ここからはまとめです。

自閉症頭抱えた人がイケメンや美人に育つという話は医学的な根拠がありませんが、私の経験からすると確かに自閉症の子供にはイケメンや美人が多い印象があります。

顔つきも骨格も整っており、表情や目の形がクールでかっこいいと感じることが多いですね。

確かに健常者よりも保育するのは大変なことかもしれませんが、自閉症と同じ広汎性発達障害を抱えた有名人も沢山いるので将来を悲観することは全くないかと思います。

むしろ本当の意味で自閉症が個性武器になる時代になっていると確信しています。

【自閉症の子供は天才なの?】

少し話は反れますが、人間はお金を稼ぐためや人から好かれるためにあらゆる手を尽くして努力をしますよね。

現時点でも発達障害の人がユーチューバーをやっていたり、本を出してお金儲けをしたりしています。

自閉症という個性を利用して知名度を上げることに成功した有名人も多く存在しています。

このように自閉症や他の発達障害を抱えた人でも、それを武器としていやらしく生きていくことが出来ますし、本当の意味での自由度と幸せの求め方が多様化しているのか現代だと思います。

以上、保育士の助言サイトでした。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
保育士の助言 下部




保育士の助言 下部




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする