孤立型アスペルガーに恋愛と仕事は不可能?

テスト リンク広告 保育士の助言

この記事は発達障害児の保育経験があり、社会福祉主事任用資格を保持した保育士が執筆しています。





皆さんは孤立型アスペルガー症候群という言葉を聞いたことはありませんか?

発達障害の中でも孤立型アスペルガーは、かなり性格にも難があると言って良いでしょう。

今回はそんな孤立型アスペルガーの恋愛や仕事について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
保育士の助言 下部




孤立型アスペルガーとは

そもそも孤立型アスペルガーとはどのような発達障害なのか?という話ですが、 一般的にアスペルガーと聞くと誰もが想像できるような性格をしていると言えるでしょう。

アスペルガーには様々なタイプがあるということはご存知かもしれませんが、 その中でも、最も有名でメジャーで一般的なアスペルガー症候群がこの孤立型ですね。

具体的な特徴は、内向的で社会適応力が乏しく、不自由なく会話をすること自体が難しい人も多いです。

そんな孤立型アスペルガー症候群ですが、人生において多くの人が経験するであろう恋愛や仕事はできるのでしょうか?

もちろん個人差はあるかと思いますが、大人の発達障害にも精通した私が個人的な意見を話していきます。

恋愛は不可能?

「会話自体が難しいのであれば恋愛なんて不可能だろうと」思う人も多いかもしれませんが、実際は孤立型アスペルガーの人が恋愛をすること自体は全然可能です。

なぜかと言うと孤立型アスペルガーの人は、

【会話ができない=脳で処理した情報を言葉で発することができない】

というだけなので、決して理解力が低いというわけではありません。

もちろん人は話した言葉を聞き取ることも苦手な人も多いかもしれませんが、 自分の頭で考えて体を使って行動を起こすということは何の障害を持たない健常者と同じように問題なくできます。

つまり本質的には言葉を使ったコミュニケーションが苦手というだけで、消して日常生活に支障が出るレベルの発達障害ではありません。

もちろん恋愛において男女間でのコミュニケーションは重要だと思いますが、 それが苦手だからと言って孤立型アスペルガーの人の人間的な魅力が低いというわけではないかと思います。

確かに一緒にデートをしたりする中では、コミュニケーションが苦手だと苦労することはあるかもしれませんが、別に意思疎通が全く取れないというわけではないですし、

それが原因で恋愛対象から外れると言う事があったとしても、それは相手が会話の楽しいパートナーを求めていたというだけの話です。

仕事は出来ない?

それでは、孤立型アスペルガーの人は仕事はできるのか?という話ですが、少なくとも一般的な社会人よりも苦労するということは間違いありません 。

どんな職種の仕事をするのかにもよりますが、基本的に社会人になるということは、周りとのコミュニケーションを取れることが前提とされているので、発達障害のことを理解していない人にとっては、孤立型アスペルガーを抱えた人をただの変人と捉えられてしまう可能性があります。

人にどう思われようが気にしないという方にとっては、それでも問題はないかもしれませんが、もし仕事上の連絡事項を正確に共有できないとなると、まともに働けないという可能性もあります。

仕事でのミスが多くなると必然的に職場での居心地は悪くなってしまうため、残念ながら孤立型アスペルガーの人は仕事をしにくい世の中だと思います。

ただしだからといって必ずしも仕事ができないというわけではありません。

世の中には絶対に孤立型アスペルガーを抱えていながらも働いている人はたくさんいますし、人とコミュニケーションをとる必要がない職種を選べば、どんなに症状が重くても働くこと自体は可能だと思います。

アスペルガーの女性の適職は?|向いている仕事が無い訳ない!

孤立型アスペルガーの特徴

それでは、私が今まで見てきた孤立型アスペルガーを抱えた人の特徴を具体的に解説していきます。

感情を出さない

孤立型アスペルガーの人は感情を表に出せないことが多いと思います。

これは顔つきや表情という意味だけではなく、行動や仕草も周りから見てその人の考えていることがわからないということが多々あります。

頭が良い

頭が比較的良いというのも孤立型アスペルガーの人の特徴だと思います。

幼少期からほとんどの物事を口には出さず自分の中で解決して成長しているので、自己完結能力が優れていると思われます。

孤立型アスペルガーの人が他人の言葉が理解できないというのは、 頭が良すぎるため会話の先を読みすぎてしまうということも一つの原因だと言われています。

それから世の中で活躍している偉人や芸能人なども孤立型アスペルガーを抱えた人が多く、それだけ天才肌の人は多いと思われます。

プライドが高い

孤立型アスペルガーの人はプライドが高い人が多いと言われています。

原因は不明ですが確かに私がこれまで関わってきた孤立型アスペルガーの人も プライドが高い人が多かったように思います。

これはおそらく他の人と比べて自我というものが潜在的に強く自分の中に存在しているので、精神的な安定を保つためにも本能的にそれを死守しているのかもしれません。

孤独

孤立型アスペルガーの人はコミュニケーションが苦手なことから、友人を作りにくい傾向があり、それだけ孤独感を感じる人が多いそうです。

また自分の中で何か悩み事があった時になどもうまく言葉で表現できないため、自分で解決するしかないのでそこから孤独を感じることもあるそうですね。

孤立型アスペルガーを抱えた人と関わる際には、これらの特徴をよく理解した上で問題行動に対処するべきだと思います。

頭ごなしに叱りつけてコントロールするということは絶対にやってはいけないので注意してください。

以上孤立型アスペルガーについての記事でした。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
保育士の助言 下部




保育士の助言 下部




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする