【1歳児の悩み】一覧

【1歳4ヶ月で喋らない子供は障害の可能性が?】原因は何?

1歳4ヶ月の時点で二語文や三語文を喋らない場合は問題ないですが、1語文も喋らないとなると子供が障害を抱えている可能性が高くなります。1歳4ヶ月頃になると子供の喋りたいという欲求が芽生えてくる事が多いようですが障害によってはその欲求が無い事もあります。

【1歳4ヶ月の子供が歩かない!】障害?原因は?

1歳4ヶ月頃になっても子供が歩かないとが発達障害を持っているのではと思う方も多いようです。しかし1歳4ヶ月ではまだ1歳半検診もまだなので障害を疑うのは早いです。気になるのであれば、歩かない原因を調べて歩く練習をしましょう。発達障害の不安は無くなりますよ。

【1歳からの夜泣き対策】

1歳児の夜泣きは原因を特定して対策をする事で解消できますが、必ず夜泣きが収まる訳ではありません。1歳児の夜泣きの原因は歯の生え始めの痛みや、卒乳後の空腹、寝てる時の夢からのストレスが考えられます。対策はただ待つ事も重要ですよ。

【絶対に1歳のうちにお片付けをしつける方がいい理由】

1歳のうちにお片付けはしつける方がいいです。2歳になってからではお片付けは習慣づけられません。1歳児はまだお片付けとはなんなのか理解ができないかもしれませんが、歌をかけたり、楽しくお片付けをしている姿を見せるなどしてお片付けが楽しい物だと認識させましょう。

【1歳児の食事】手づかみ食べの練習はたまごボーロが最適!

1歳児になると食事は徐々に離乳食から固形食に移行しますが、手づかみ食べを練習していない場合はスプーンでの練習より先に手づかみ食べを練習しましょう。また、手づかみ食べの練習にはたまごボーロが一番おすすめです。たまごボーロは食事の基礎を学ぶのに役立ちます。

1歳児の言葉の発達が遅いと感じたら

1歳~1歳半の子供の言葉の発達は個人差が非常に大きいですが言葉が遅いと不安になりますよね。一歳半検診が近くに控えていたり引っかかったりしたら尚更です。でも発達の遅い1歳児の言葉はママでも成長を施す事ができます。正しい言葉の教え方をしてくださいね。

【発達障害の持った1歳児の特徴】

1歳児は健常児と比べ、言動で発達障害だと判断するのが難しいですが、子供が1歳という早いうちに発達障害かもしれないという可能性を視野に入れておけば後々の事を考えるといいですね。発達障害の種類は主に自閉症や、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など様々です。

スポンサーリンク
保育士の助言 レスポンシブ (下部)




保育士の助言 レスポンシブ (下部)